☆紅茶の淹れ方☆

お茶する時間

☆おいしい紅茶の淹れ方について☆

TOP<お茶する時間

  

   紅茶の淹れ方


    いい紅茶が手にはいったら、紅茶の入れ方もいつもよりグレードアップしてみましょう  

    といっても簡単、気軽にできる、紅茶の入れ方です


    めんんどくさそうなんて思わず、是非おためしあれ!
    ちょっとしたコツをつかめば、おどろくほどおいしい紅茶が自宅でたのしめます。


    紅茶の入れ方をマスターして、至福の時間を楽しみましょう。


      紅茶の淹れ方     
    
     紅茶の入れ方に関するゴールデンルールというのがあるそうです。


     良い茶葉を使う。


     新鮮な、沸騰した湯を使う。


     ティーポットを温める。


     茶葉の分量を正しく計る。


     茶葉をきちんとふたをして蒸らす


どうでしょう?


良い茶葉といっても高い茶葉を使うということではありません。新鮮で茶葉の状態が良質なものということです。


このゴールデンルールをふまえたうえで、めんどくさがりやの私が紅茶をいれると・・・


お気に入りの茶葉を用意する。


入れたての水道水を沸騰させる


そのお湯でティーポットを温める。



湯をすて茶葉をいれ高い位置から、分量分のお湯をティーポットにいれる


ふたをして3分ほど蒸らしカップにそそげば出来上がり!
カップ一杯150mlに対してティースプーン一杯が目安です。


どうです、簡単でしょう?



もっと本格的に淹れたいなら、ポットはできれば丸い形の物がおすすめです。
茶葉のうまみを充分に引きだすためのジャンピング現象(茶葉が上下に動く対流運動のこと)が起こりやすいからです。


蒸らす時には、少しでも温度を下げないために、ティーマットに置き、ティーコジーをかぶせると
もっとおいしい紅茶になります。


ティーフィルターもあれば便利。
うまみのでた茶葉をフィルターごととりだせば、2杯目も渋くならずに、おいしくいただけます。


ティーマットやティーコジーがなければ、ふきんやタオルなどをかぶせるだけでもOKですよ。


紅茶をカップにそそぐときは、茶葉がカップにはいってこないように、ストレーナーを使うと便利。
うまみのつまった最後の一滴までカップにそそぎきることができます。


こういったティータイムをもっとおいしく、豊かにするための小道具を自分で揃えていくのも楽しいですよ。


紅茶専門店とか、雑貨屋さんに、機能的なものから、形のかわいいもの、デザインがすてきなもの
いろいろでていますので、ぜひ自分のお気に入りを見つけてみてくださいね。


でも、ティーポットだと余分にできて飲みきれないと言う人や、とりあえず一人分を気軽に楽しみたい人には
マグカップでいれるのがお勧めです。


一人分の茶葉を、温めたマグカップにいれ、


沸かしたての湯をそそぎ


ふたをして蒸らせばできあがり。


これなら、気軽においしい紅茶が楽しめます


蓋つきで茶漉しつきのカップがでてますが 、すでにお気入りのカップがある人なら
カップのくちにあうサイズの茶漉しだけかってきて(100円ショップにもありますよ。)


蒸らす時は小皿を代用して使えばOK。
手軽でしょう?


でもでも、茶葉だとなんか面倒で使い切れないと言う人は、ティーバッグでもいいんです。
紅茶の入れ方のちょっとした、ポイントをつかむだけで、いつもの紅茶がさらにおいしくいただけます。


ポイント


新鮮な水を沸騰させる


カップをあたためる。


ティーバッグをいれ沸騰した湯をいれたら、ふたをして蒸らす。(約1分)


ふたをとり、ティーバッグを2〜3回揺らして引き上げる。


おいしい紅茶の完成!これなら忙しい朝でもできそうでしょう?


いろいろな種類の紅茶のティーバッグがでていますから、ぜひこの紅茶の入れ方を試してみてくださいね


ただし、ティーバッグをきゅっとスプーンで押したり、2回3回と使うのはNGですよ。


紅茶の入れ方・・・アイスティー編


以前は、熱い紅茶を濃い目のにいれて、氷で冷やして作っていたのですが、渋かったり、薄くなって
しまったり、濁ったりとなかなかうまくいきませんでした。


行きつけの、紅茶の専門店で、この水出しの方法を教えてもらってからは
私はもっぱらこの方法でアイスティーはいれています。


時間はかかりますが、すっきりとしたお茶のうまみがたのしめておいしいです。

淹れ方
茶漉しをしたハンディークーラーに茶葉をいれ水をそそぎます。                   
(水1000mlに対して、茶葉10〜12gが目安です)


室温で一晩(8〜10時間)おきます。
夏場など気温が高い場合は少し茶葉を多めにいれて、冷蔵庫で一晩おいてもOKです。


茶葉のうまみがおいしくでたら、茶葉をとりだし、冷蔵庫でひやします。
ただしできあがったアイスティーはなるべく24時間以内にのんでくださいね。



私は、今はお店で一目ぼれして買った(確か2000円弱だったかと思います)茶漉しのセットされた
ハンディクーラーを使っていますが、なければ、、お茶パックでOKです。

私が紅茶が好きになったのは、知人に紅茶の専門店に連れて行ってもらったのがきっかけでした。


紅茶のバラエティの豊かさと、プロの入れてくれた紅茶のおいしさに感動して
自宅でもおいしい紅茶が,気軽に飲めたらと、思ったのです。


紅茶の入れ方はあくまで基本です。、蒸らす時間や茶葉の量も、自分の好みに合わせて調節すれば
いいわけです。


少しの手間と、ちょとしたきづかいで、紅茶はおいしくなります。
そしてその気持のゆとりも一緒に味わってみてください。
メニュー
お茶する時間〜
    日本のお茶     緑茶の効能    日本茶のインストラクターに挑戦!
    紅茶の時間    おいしい紅茶の入れ方    中国茶
    中国の茶器    韓国のお茶    健康茶
    お料理レシピ    ダイエット茶         
    リンク集        プロフィール
只今相互リンク募集中!
Copyright (C)  All Rights Reserved