☆日本茶のインストラクター☆

お茶する時間

☆日本茶のインストラクターについて☆

  TOP<お茶する時間


日本茶のインストラクターに挑戦 !
 


日本茶インストラクターへの関心がたかまっています。
日本茶のインストラクターとはお茶の専門家
いわゆるお茶博士といったところでしょうか。
     日本茶業中央会が、平成11年、日本茶文化の発展を目的に、日本茶の正しい理解と普及のため、

     日本茶と消費者との接点となる指導者を認定することを目的に、日本茶インストラクター認定制度制定しました。


     日本茶インストラクターの認定を受けるとお茶教室の開催や、カルチャー教室の講師など幅広い活動 をすることができます。

 お茶の効能・効果が注目され、今、日本茶があらためて見直されています。

 緑茶が大好きで、緑茶の道を極めたいと思っているあなた!


 日本茶ムリエめざして日本茶インストラクターの資格に挑戦してみませんか?


 日認定資格の種類には 日本茶アドバイザー(初級)
日本茶インストラクター(中級)
日本茶マスター(上級)の3つがあります。
日本茶インストラクターの資格をとるためには?
 日本茶インストラクーの試験は、満20歳以上であれば、誰でも受けることができます。


 ステップ方式の資格ではないので、アドバイザーの資格がなくてもインストラクターの試験をうけることができます。


 アドバイザーの試験は、お茶の基礎知識を問われるのに対して
 インストラクターの試験では日本茶の専門家としての知識が問われます。


 二次試験ではお茶の鑑定などの実技試験もはいります
 二次試験の合格率は、23%から30%くらい。なかなかの難関です。


 受験者の状況をみてみると、発足当時は茶業界の人達がほとんどでしたが、近年、健康ブームが高まるにつれ
 緑茶にも関心が集まり、一般の人、特に女性の受験者が急増しているそうです。


 ☆試験は年1回実施されます☆ 


 アドバイザーの試験は10月(満18歳以上であればうけられます。)
 インストラクターの試験は 一次が11月。二次が1月(一次合格者のみ)におこなわれています。


 受験料は、21000円(税込み)一次試験免除者は10500円


 試験会場は全国8ヶ所で実施。


 試験についての詳細は、毎年6月ごろに発表されますので
 詳しくはNPO法人 日本茶インストラクターのホームページをご覧くださいね。


 ☆試験勉強の方法☆

 もちろん独学でもOKですが、インストラクター講座という通信教育講座があります。
 高卒程度の学力があればいいようです。

 このインストラクターの通信講座を無事修了すれば、修了後申請するだけでアドバイザーの資格はとれます。


 通信講座の受講料はだいたい7万円くらいです。受講期間は平均で4〜9ヶ月。


 受付期間は4月〜9月なので、自分のペースを考えて、受講開始時期をきめられますが、
 おそくとも7月ごろまでには、始められた方がよいと思います。

 日本インストラクターの資格は、社団法人 日本茶業中央会が制定する[日本茶 インストラクター
 等認定制度]に基づく公的資格です。


 資格の認定期間は3年間。3年ごとに日本茶業中央会に更新手続きをすることによって。資格の維持
 ができます。
 更新手続きには、更新料2000円が必要です。


 ☆資格取得後は☆

 カルチャースクールの講師、お茶の入れ方教室の講師、海外での日本茶セミナー文化交流事業
 茶業界への就職、日本茶カフェ 開店プロデューサーなど幅広い活躍が期待できます。


 日本茶が大好きなあなた、日本インストラクターめざしてトライしてみませんか?


 日本インストラクターについて、試験概要などもっと詳しく知りたい方は


 日本インスタラクター協会、日本茶業中央会などのホームページをご覧くださいね。
メニュー
お茶する時間〜
    日本のお茶     緑茶の効能    日本茶のインストラクターに挑戦!
    紅茶の時間    おいしい紅茶の入れ方    中国茶
    中国の茶器    韓国のお茶    健康茶
    お料理レシピ
   ダイエット茶         
    リンク集        プロフィール
只今相互リンク募集中 !
Copyright (C)  All Rights Reserved