☆中国茶器☆

お茶する時間

☆中国の茶器について☆

   TOP<お茶する時間


中国の茶器


中国茶の人気がたかまり、身近な存在になるにつれて
中国茶を楽しむための中国茶器も、ずいぶんみかけるようになりました。


中国茶器ならではの形やデザイン、おおきさも様々で迷ってしまいます。


中国茶をよりいっそうおいしく楽しむために、まずはどんな中国茶器があるのか
簡単にご紹介します。
蓋碗(ガイワン) 最初に購入したいのが、この茶器です。


急須の変わりにお茶をいれたり、蓋をずらして、お茶を飲むこともできます。

形も安定していて、手入れもらくなので、初心者にもお勧めです。


絵柄の種類は自然の花や生き物を描いたものから、無地のものまでいろいろありますので
お気に入りをみつけてくださいね。
茶壺(チャフウ) 中国茶を入れるための急須です。
あまり大きくないシンプルな形のものが使いやすいです。


鉄分を含んだ土、紫砂を素焼きにした宜興紫砂茶壺が最上とされていますが
においがつきやすいので、香りの強い茶葉によっては、専用のものを用意したほうがよいと思います。においがつきにくい磁器製のものもありますので使用状況によって選んでみてください。


もちろん自宅に日本の煎茶用の急須があれば、代用できますが、中国茶器ならではの形や絵柄がりお茶の時間がよりいっそうたのしくなりますよ。
茶杯(チャハイ) お茶を飲むためのカップです。
一口サイズのものから、おおきな茶碗サイズのものまでありますが、
茶杯の口が外に開いているものが飲みやすくおすすめです。


景徳鎮の青花の染めつけのものが最上とされています。
聞香杯(モンコウハイ) 残り香を楽しむための杯です。


茶海から茶杯に淹れる前にこの杯にいれ、それを茶杯にいれてあとで香りを楽しみます。
香りを楽しむ中国茶ならではの茶器。


香りが逃げないように背が高い茶器です。
お茶を飲む茶杯とセットで売られていることが多いようです。
茶海(茶海) お茶の濃さを均一にするために茶壺や茶蓋からいったんお茶をうつし
茶杯に注ぐための茶器です。

三件杯 中国茶を楽しむための茶漉しつきのマグカップです。


茶漉しに茶葉をいれ湯をいれたら、蓋をしてむらします。
蓋をとって逆さにし、その上に茶漉しを置いて、お茶をいただきます。


中国茶をたくさん飲みたい人や、オフィスで気軽に楽しみたい時に、便利な中国茶器です。
私も愛用しています。

その他にもお湯をうけるための茶盤、余分なお湯や1煎目は飲まないお茶を捨てる水孟などの中国茶器があります。
必需品ではないけれど、中国茶を雰囲気ごと味わうのなら、お気に入りを少しずつそろえてはいかがでしょう。


中国茶の専門サイトでもいろいろな茶器を取り扱っていますので、そちらも合わせてごらんください。
メニュー
お茶する時間〜
    日本のお茶     緑茶の効能    日本茶のインストラクターに挑戦!
    紅茶の時間    おいしい紅茶の入れ方    中国茶
    中国の茶器    韓国のお茶    健康茶
    お料理レシピ     ダイエット茶        
    リンク集        プロフィール

只今、相互リンク募集中 !
Copyright (C)  All Rights Reserved